単身引越しで学ぶこと

以前に同一県内ですが、車で2時間ほどの所へ単身での引越しをしました。 ダンボールだけもらって、荷造りは自分でやるプランだったのですが、 単身なので荷物の少ない引っ越しでしたが疲れました。

ここにあったのか!といった発見があったり、 こんなの全然使ってないよーというようなものもいっぱい出てきて、 それらは全部捨てました(笑) 洋服もこんなにあったっけというほどに大量で、ここ何年も着ていないものは思い切って全部処分。 終わって見ればかなりのごみの山・・・。 こんなにもいらないものを溜め込んでいたとは(笑) 単身引越しを機会に断捨離までできて、なんだか気分もスッキリしました。

そして、大型ごみの処分方法も勉強になりました。 あーあそこへ持って行くわけね、と一人で納得。 また、これは不燃でいいんだ、とかこれはこの日にしか出せないんだ、 とか勉強になることがいっぱいでした。 そうこうして進む荷造りの一方で、結構前日にならないと進まないものも多くて、 いつまでも気だけ焦っていたように思います。全然片付いていないけれど、あれもこれもまだ使うんだよなーと思うものがいっぱい。

でも、びっくりですが、結局前日になって、“さあ最後の荷造りだ”と思ってやり始めたら、 意外に“もっと前日までにやっとけよー!”といったものが出てくるんですね。 最後の最後でとても疲れました。 単身の引越しなので世帯とかに比べれば荷物も少ない引越しなんだけれど、 それでも引越しって結構体力使うんだなぁと再確認。でも色々学んだことも多かったように思います。